BLOG

ブログ

温熱器を使って自分でやる。それも大事だし、確かに「身体中に血液がめぐるのを感じるとか、痛みが和らいだとかよく眠れるようになった」なんて話しも聞く。


温熱療法師とは

それでは実際に素人ではない、他人に温熱をする訓練を受けた上級者にうけたらどうなのか?

温熱を施術として行うプロは温熱療法師がいる。

全国にどれくらいの数がいるのか正確にはわからないけど、きちんとしたコースセミナーを受けた熱の専門家だ。

当然、温熱を受けるなら温熱療法師ということになるが、その場合は上級者にしてもらうことをお奨めする。

なぜならば、誰にでもできるような中途半端な施術を受けるのなら、温熱器を自分で購入して、きちんとやり方を教えてもらってセルフメンテナンスをしたほうがいいと思えるから……

だけど温熱器を扱う人がよく訓練された上級者なら、それを受ける人はセルフメンテナンスでは到底味わえない体験をすることになるだろう。

誰でも使える家庭用医療機器であるにもかかわらず、80度を超えるパワフルな温度。


その熱刺激が及ぼす自律神経への影響は半端ではない。

温熱の効果に科学的根拠なぞあるのか?

「あるっ!」

生理学的に説明できる根拠があるのだ。

ただ自律神経というものは人の眼にみえず、普段は感じにくくて想像してみなければなかなか意識することができないからよくわからないものだ。

でもよく教えてもらうと日常生活のすべてに、いや人が生きることすべてのことに瞬時も休むことなく働いている最重要なシステムだということがわかる。

身近な例で言えば、ひどい肩こりや慢性腰痛や膝の痛みにまで自律神経の不調は関わる。

血液の循環にも自律神経が直接関係するからだ。

温熱療法師、それも上級者の部類に入る人たちは、当然あらゆる痛みや不調の原因をわかりやすく説明できるだろうし、温熱器による的確な熱刺激を駆使してあなたのお悩みに対処できるだろう。

温熱を実際にするときには激しい熱さ、そしてときには優しい熱を通じてあなたと真剣に向かい合える者。

医療従事者ではないので当然診断や断言などしない。

それが温熱療法の上級者。

自分では取り切れない不調や痛みをお持ちなら……

セルフケアで取り切れないのなら……

そんな上級者の温熱を是非受けてみてほしい。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。