BLOG

ブログ

三井とめこ

三井と女子の思想と実践を考察する №4

さて今回も「三井と女子」著の書籍、「難病に克つ」から重要なところを抜粋して考察していきたいと思う。 癌は泣いているー生命現象と癌細胞(書籍中の見出し) 病気はどうして起こるかというと、生命現象を営んでいる自律神経の狂いからくる。 きれいな血液が流れ、体のすみずみまで適当に栄養を与え、酸素を与え、老廃物を拭い...

三井とめこ

三井と女子の思想と実践を考察する №3

高温熱刺激でガンを治すという試み あんなに難病とされ、怪物にされている癌も成因がだんだんにわかってきた。バッテリーが上がれば自動車も動かなくなると同様に、人間も心身に疲労がたまるとバッテリーが上がってしまう。病気の根本はこれだと思った。癌もリュウマチもその他の病気もみな同じ成因で、人によって病気の種類が分か...

三井とめこ

三井と女子の思想と実践を考察する №2

三井式温熱療法の誕生 書籍の冒頭にあたる「はじめに」には、教職32年を経て60歳になり、昔から医学に興味を持っていたことから東洋鍼灸学校に入り国家資格である指圧師になったとある。 医業類似行為である指圧師は医療行為としていろいろと制限があることから、傷をつけないで、薬を使用せずに病気を治すことを考え出さねば...

三井とめこ

三井と女子の思想と実践を考察する №1

三井温熱療法の創始者が亡くなってから、まだ20年には満たない。 私が生前の「三井とめこ氏」(三井と女子)と接したのはわずか2年ほどしかないが、今振り返ってみれば、その頃がいろんな意味において三井温熱療法というものが最も旬を迎えていた時期だと感じている。 「注熱でガン難病が治る」(一光社発行)という書籍が出版...